水俣市では、1970年代から大学の設立や誘致が検討されてきました。2010年度に立ち上げられた「みなまた環境まちづくり研究会」の中に「教育・研究機関分科会」が設置され、再び大学設立構想の検討が始められました。その後、市民、大学教員、国及び関係機関、水俣市事務局の各委員から成る「環境大学・環境学習円卓会議」の中で、高等教育・研究機関の設立について継続的に検討され、「水俣環境アカデミア」の設立に至りました。
 水俣環境アカデミアは、高等教育・研究活動および産学官民連携の拠点として、地域住民同士や地域と水俣を応援してくださる多くの皆様を、「つなぐ」ためのコーディネートを行います。それは、水俣地域の知識、知恵、教訓という「水俣の知」を学び、伝え、現代的な意義を考えると共に、新しい考え方や取組みを積極的に受け入れることによって、次世代のための新たな価値を創り出すためです。
 水俣の最大の資源は「人」であることを再認識して、これまでの年月と共に蓄積された、そして、これから蓄積される「水俣の知」を活かすことにより、未来を考えて主体的に行動し、協働の下で新たな価値を生み出す、「もやい」の精神を持つ人材の育成を行います。
 時代や地域を問わず、どのような問題の解決においても不可欠な「もやい」は、まずは「つながり」を創ることが必要です。アカデミアが提供する「つながり」と「水俣の知」が世界中に広がり、「もやいの環(わ)」から持続可能な相利共生社会の実現への貢献を目指します。
 これから皆様のご支援ご協力を頂きながら、共にアカデミアの取組みを進めたいと思います。              
                                                                            平成28年4月
  

The idea of establishing an educational facility in Minamata first emerged in the 1970s. The Education and Research Institution Subgroup, a branch of the Minamata Environmental City Development Study Group, rekindled the discussion in 2010. Following this, the Environmental Education Round Table was founded and plans to establish a facility for higher education and research progressed, eventually culminating in the Minamata Environmental Academia.

As a central facility for higher education, research, and collaboration between industry, academia, government and residents, one of the missions of the Minamata Environmental Academia is to establish connections between inhabitants of the area and the many people  who have worked to support Minamata.

Minamata’s most important resource is its people. If we can build connections, utilize the knowledge, wisdom, and lessons accumulated by our citizens over the years, and embrace new ideas and initiatives, we can cooperate to build a better future. We must encourage the spirit of togetherness and connectivity in our human resources.

Cooperation is indispensable to solve any problems, regardless of the time or place, and the first step to cooperation is to build connections and wisdom that the Academia can offer will spread throughout the world, contributing to the realization of a sustainable, symbiotic society.

I am truly grateful for your support and  cooperation, and look forward to realizing the goals of the Academia together.






 

 これまで水俣地域では、行政、教育機関、企業や市民団体により様々な環境に関わる事業、学習、研究など幅広い活動が進められてきました。最近では九州内にとどまらず全国各地から水俣で「環境」を学ぶ大学生、大学院生、留学生も増加し、水俣での学びをさらに深め、これからの地域づくりに生かしたい、地域社会の創造に結び付けたいなどの要望が高まってきました。
 水俣環境アカデミアは、地域社会の将来を担う人材の育成に資する学習機関としての役割を大きな使命と考え、これまで水俣地域で展開されてきた様々な活動、取組みを体系化し、広く全国の学生、大学院生、行政機関職員あるいは環境関連技術者などに提供する学際的な「学び」の場を構築します。
 水俣環境アカデミアは、未来を見据えた展望をもとに、人々の暮らし、地域社会のあり方などについて「考える」場を広く人々と共有します。また、世代、立場を超えた多様な人々との対話、議論を通じ、地域社会の持続的な発展につながる新たな方策を見出し、それらを「実践する」場としても機能していきます。
 水俣環境アカデミアは、環境対策技術の開発、普及に関する情報発信拠点として、また、環境管理施策、行政施策を学ぶ場にとどまらず、限られた地域資源の中で多くの人々が交流を通じ、知恵や知識を出し合い、それぞれの個性や強みを活用し協働していくことを目指します。こうした協働作業を通じ、地域が培ってきた様々な技能技術が次世代に引き継がれ、新たな価値を「創造」し、地域、全国そして世界の人々との「環(わ)」がさらに拡充していくことを目指します。
 皆様の一層のご支援と積極的な参画をお願い致します。 
           平成28年4月  

 

The people of the Minamata area have promoted environmental projects, education, and research for many years.  Recently more and more students throughout Japan are studying about the environment in Minamata, and there are increased demands to connect the study of Minamata to development of the city and the local society.

As an educational facility, we consider the education of those who will shoulder Minamata’s to be an important responsibility. We will codify the projects and initiatives which have been expanded in the Minamata area, and provide an interdisciplinary place of learning to students, civil servants, and environmental engineers.

The Minamata Environmental Academia is a shared “thinking space” to consider people’s lives and the shape of our regional society with a view to the future. Through dialogue and debate between people of various backgrounds, surpassing generations and social standing, we discover new ideas into reality.

 The Academia is a central facility to develop and disseminate information on the process of  environmental technology, and a place of learning for environmental management and government response.

However, more than that, we aim to work together with many people, pooling together each person’s knowledge and wisdom and utilizing their individuality and personal strengths despite limited local resources.

I ask for your further support and proactive participation to realize the goals of the Academia.