8月1日(火)から5日(土)までの5日間、ASEAN5か国(ベトナム、マレーシア、インドネシア、タイ、フィリピン)7大学と慶應義塾大学・大学院に所属する合計19人の学生が、水俣において、水俣の過去や今日を学び、そして、これからの環境共生型の地域振興を考えるフィールドワークプログラムを実施しました。




  初日には、アカデミアにおいて、古賀所長による「水俣病公式確認から60年~水俣の未来に向けて~」、国立水俣病総合研究センターの蜂谷先生による「水俣病の発生と国水研の役割」、そして緒方正実さんによる「地域の過去と未来」の講義がそれぞれ行われました。



20170801 所長

↑アカデミア古賀所長による講義


20170801





 2日目には、エコパークを見学した後、水俣病資料館及び水俣病情報センターにおいて水俣病の歴史について学びました。その後、ほっとはうすを訪問しました。午後からは、JNC工場及びエコタウン(田中商店)のガラスビンリサイクル工場を見学しました。


20170802 田中商店

ガラスビンリサイクル工場を見学(田中商店)






 

 3日目には、愛林館において、水俣の山間部調査が行われました。午後からは、アカデミアにおいて、翌日行われる「水俣環境デジタルアート」の準備が行われました。



20170803 愛林館

↑水俣の山間部調査(愛林館)




 

  4日目には、もやい館において、水俣高校の高校生と一緒に、「水俣環境デジタルアート」のワークショップを行いました。午後には一般公開を行いました。水俣を取り巻く自然要素をデジタルアートで表現し、水俣の日常を楽しくすることを目標に、慶應大学と水俣高校との間でこれまで遠隔講義も重ねてきました。このワークショップでは約20名の生徒と一緒に、「Minamata Night Rose」というタイトルを掲げ、水俣の観光産業のひとつであるバラをモチーフにしたアート作品を慶應義塾大学生やASEANの学生と協力しながら製作しました。スクラップアートや切絵、竹の灯篭といった作品と、水俣市内に設置された様々なセンサーから送られるデータによって色を変えるLED照明を組み合わせたもので水俣市の環境を表現しました。アート作品の製作を通してより良い国際交流をすることができました。そして午後には、「みなまたいなか学校」に参加している小学生及び中学生も参加しました。


 

20170804 ワークショップ

↑ワークショップの様子


20170804 bara


20170804 animal


20170804 竹





 


 最終日には、アカデミアにおいて、成果発表会が行われ、水俣の未来についても論議が交わされました。今回のフィールドワークプログラムは、6カ国の学生による極めて国際的な授業・演習となりました。



20170805 発表会



2018年03月07日更新