平成30年1月30日(火)~2月1日(木)まで、水俣環境アカデミア(環境省環境調査研修所水俣サテライト)にて、環境省職員を対象とした環境問題史研修が行われました。

  これは、一昨年の3月に、まち・ひと・しごと創生本部が取りまとめられました「政府関係機関移転基本方針」により、環境省の環境調査研修所の一部の機能が水俣市に移転することが決定し、昨年2月に水俣環境アカデミアに環境調査研修所水俣研修事業事務局が設置され、今年が2年目の研修になりました。

 今回の研修にも、30名を超える環境省の職員の皆様方が参加しました。

  水俣病資料館や国立水俣病総合研究センター、ほっとはうす等を見学し、水俣病の教訓について学ぶとともに、ごみ分別ステーションでは、市民の皆様方が分別回収されているステーションの様子なども見学しました。

DSC_0354 ほっとはうすHP用

↑ほっとはうすを見学


DSC_0357 ゴミ分別HP用

↑ごみ分別ステーションでの様子


DSC_0350 慰霊セレモニーHP用

↑慰霊セレモニーの様子


IMG_1309  古賀所長講義HP用 

↑水俣環境アカデミア 古賀所長による講義


さらに、「もやい直しの地域への広がり」として、水俣環境アカデミアにて、ダイビングショップSEA HORSEの森下誠様や、ごみ減量女性連絡会議の沼田悦子様の取組みについての「現在の水俣市民の活動」について学びました。最後に元水俣市長の吉井正澄様のお話を聴講しました。
IMG_1322 森下さん

↑ダイビングショップSEA HORSE 森下誠様による講演


IMG_1326 沼田様

↑ごみ減量女性連絡会議 沼田悦子様による講演


 IMG_1332 吉井元市長 

↑元水俣市長 吉井正澄様による講演


研修最後の「まとめあげワークショップ」では、水俣市の新規採用職員も一緒に研修を振り返り、水俣市において今後どのような政策が考えられるか等、グループごとのワークショップ形式で議論して、発表しました。

水俣市と環境省の職員が一緒に水俣市の未来に向けたビジョンを話し合うことができる良い機会となりました。


IMG_1352 グループワークHP用


IMG_1340   グループワークHP2


IMG_1355   グループ発表

↑水俣市の新規採用職員も参加したグループワークの様子


IMG_1366    閉講式HP用


IMG_1368    閉講式古賀所長

↑閉講式の様子











2018年02月09日更新