平成30年10月21日、≪イドリアの水銀鉱山‐過去と現在≫と題して、スロベニア共和国イドリア市ユーリベガ高校教師のマニッツァ先生とクラウディア先生に講義を行っていただきました。水俣市とイドリア市は、これまで訪問事業などの交流を続けており、マニッツァ先生とクラウディア先生は、水俣高校と交流事業を行うために10月19日から22日まで水俣市を訪問されました。

はじめに、イドリアと水銀の遺産の概要や、イドリアが水銀産業から新しい産業へどのように移行したのかについて講義をしていただき、その後、3~4名ずつの8つのグループに分かれてワークショップを行いました。「持続可能な地域社会」を作るためにはどうすればよいのか、水俣で取り組むべきあるいは取り組みたい産業について、その取り組みによってもたらされる水俣の未来像について、各グループごとに活発な意見を出し合い、水俣高校生などが各グループの代表として発表をしました。

水俣環境アカデミアは、持続可能な地域社会を作るためにはどうすればよいのかという視点で、今年度も引き続き、市民公開講座を開催してまいります。

 




 IMG_2229

 画像左:クラウディア先生  右:マニッツァ先生



IMG_2193


IMG_2216


IMG_2225


IMG_2240


IMG_2268















2018年10月29日更新