国の「政府関係機関移転基本方針」により、環境省環境調査研修所の一部機能移転が決定し、平成29年2月、水俣環境アカデミアは「環境調査研修所水俣研修事業事務局(通称:環境調査研修所水俣サテライト)」となりました。環境調査研修所は、日本の環境保全に係わる人材育成の中核的機関として、各種環境保全に関する研修の実施に取り組んでいます。

 水俣サテライトにおける研修は、今年で3年となり、水俣環境アカデミアを拠点として、以下のとおり11月にそれぞれ行われました。

 

平成30年11月13日~15日、地方公共団体等において環境行政を担当している職員及び地域再生など関連する業務を担当している職員、JNC工場、水俣病資料館、エコタウン(田中商店)での現地視察などを通じて、地域住民等と連携した環境行政の推進策を学びました。また、アカデミアでは、水俣市環境課職員による「水俣市の環境への取り組み」の他、熊本県環境センター館長, 篠原亮太様や桜野園, 松本和也様などによる講話も行われました。


HP① 篠原先生 IMG_4791


HP① 環境課職員 IMG_2407






11月27日~11月29日には、環境省職員が、水俣病の教訓やもやい直しの地域への広がりなどについて学びました。水俣病資料館での語り部講話、ほっとはうすでの交流、国立水俣病総合研究センターなどを見学され、アカデミアでは元水俣市長, 吉井正澄様の講話や水俣ダイビングサービスSEA HORSE代表, 森下誠様などの講話が行われました。

 研修最終日の「まとめあげワークショップ」では、本市職員も加わり、水俣の未来と地域活性化の方策について共に議論しました。



HPIMG_2658 全体

 

HP用 あいさつIMG_2645

 田邉 仁環境省環境調査研修所次長による開講式の挨拶


HP市長 IMG_2654

髙岡 利治水俣市長による挨拶



HP吉井市長IMG_2678

吉井 正澄元水俣市長による講話


HP まとめ20181129 まとめIMG_2693

最終日の「まとめあげワークショップ」の様子

2018年12月21日更新