平成30年11月13日~16日、日越大学(日本政府とベトナム政府が2016年9月に開校した修士課程大学院)から筑波大学へのインターン生など16名による水俣研修が行われました。

 

 

 初日、熊本空港到着後、熊本県庁を訪問し、蒲島郁夫熊本県知事を表敬されました。JNC工場見学や水俣エコタウン(田中商店)でのガラスびんリサイクル工場の見学、水俣病資料館での語り部講話、国立水俣病総合研究センターでの研修、水俣市環境クリーンセンターでの資源ゴミ分別体験などが行われました。水俣環境アカデミアでは、古賀所長による「水俣市の環境モデル都市づくり」及び「水俣環境アカデミアの活動」についての講義、水俣ダイビングサービスSEA HORSE代表, 森下誠様による「水俣湾の再生」に関する講話などが行われました。また、最終日には、研修の振り返り及び成果発表がなされました。



知事表敬 IMG_2388

蒲島郁夫熊本県知事を表敬



田中商店 IMG_2426

水俣エコタウン(田中商店)見学の様子



ゴミ分別 IMG_2438

水俣市環境クリーンセンターでの資源ゴミ分別体験



所長講義 IMG_2410

古賀実水俣環境アカデミア所長による講義



森下さん IMG_2460

水俣ダイビングサービスSEA HORSE代表, 森下誠様による講話



親水護岸 DSC_0507

親水護岸での様子






2018年12月21日更新