平成30年11月20日~22日、環境省及び水俣市の連携事業、国連工業開発機関(UNIDO水俣視察パイロットプログラムが実施されました。

 この事業は、日本から途上国へ向けた投資や技術移転の促進を目的とし、途上国の大使館職員等を対象に実施され、バングラデシュ人民共和国、マレーシア、フィリピン共和国など16ヵ国の駐日大使館より21名の外交官が参加しました。

初日の11月20日には、水俣環境アカデミアでの開講式後、国立水俣病総合研究センター国際・総合研究部長, 松山明人様による講義が行われ、その後、水俣病資料館などを見学しました。

2日目には、JNC工場やトマト栽培ハウス及び発電所遺構を見学し、また、株式会社アール・ビー・エスも訪問しました。

最終日の22日には、水俣エコタウンを訪問し、田中商店でのガラスびんリサイクル工場、アクトビーリサイクリングでの家電リサイクル工場を見学しました。その後、アカデミアにおいて、水俣市における環境関連ビジネス及び産業分野の情報発信をテーマとし、髙岡水俣市長による「水俣市による環境ビジネス推進の取組み」についての発表や、水俣市内の企業やお茶農家の方々が出展ブースを構え、活発な意見交換が行われました。

 


全体 IMG_2511



市長あいさつ IMG_2488

髙岡利治水俣市長による開講式での挨拶



所長 IMG_2495

古賀実水俣環境アカデミア所長による開講式での挨拶



田中商店 IMG_2531

ガラスびんリサイクル工場(田中商店)を見学




市長プレゼン IMG_2553

髙岡水俣市長による意見交換会での発表の様子



意見交換会 IMG_2632

最終日の意見交換会の様子


2018年12月21日更新