平成31年2月2日、市民公開講座「スポーツクラブのマネジメント」及び「子どもの発育発達とジュニア期のトレーニング」を開催しました。

講師は、熊本大学大学院教育学研究科シニア教授の中川保敬先生と熊本大学大学院教育学研究科教授の井福裕俊先生で、リレー講座として行いました。

来年度から小学校の運動部活動が社会体育に移行することに伴い、地域スポーツクラブの必要性が高まっている中で、中川先生の「スポーツクラブのマネジメント」の講座で、スポーツクラブの運営とリスクマネジメントについて広く学び、井福先生の「子どもの発育発達とジュニア期のトレーニング」の講座で、子どものスポーツ指導について実践的な部分を学びました。


中川先生の講座では、以下のようなことを学びました。
・総合型スポーツクラブは、「誰もが、それぞれの体力や年齢、技術、興味・目的に応じて、いつでも、どこでも、いつまでもスポーツに親しむことが出来る生涯スポーツ社会を住民自身が実現する」場であること

・小学校運動部活動の社会体育移行は、学校と地域が連携して取り組まなければならないこと・スポーツは事故を伴うものであることを理解し、事故が起きたときの対応を日頃から考えて備えておく必要があること


井福先生の講座では、以下のようなことを学びました。

・発育指数や成長曲線を用いて子どもの発育状況を確認し、正常に発育している場合でも、日常生活での些細な症状も見過ごさないようにする必要があること

・子どもにトレーニングをさせる場合、子どもを「小さな大人」のように扱わず、発育に合わせたトレーニングを行うべきであること
・運動をする子どもとしない子どもで、運動能力の差が二極化しており、運動をしない子どもの能力は深刻な状況であること


DSC_0776

↑中川保敬先生


DSC_0782

↑井福裕俊先生


IMG_3409

↑スポーツに関わる多くの市民の皆様に御参加いただきました

2019年12月05日更新