おはようございます

注意書です

今日は七夕さまです。

初恋通りの少女像にある貼り紙には、、


『この像(記念碑)は、水俣市、生協くまもと、初恋通り商店会が街の活性化の為に、新に製作したものです。
この3者の許可なく、この場所に無断で物を放置することは、迷惑行為とみなし硬く禁じます。

次の世代の為にも、キレイな街を維持できるよう、一人一人の行動が大切であると考えます。ご理解のほど宜しくお願い致します。』

とあります。

また、生協くまもと宛に組合員さまからの声として7月7日に店内で村下孝蔵さんの曲を流したり、浴衣で接客する店員さんを増やしては?と言うような提言が寄せられ、水光社店内に貼り出されていましたが、回答欄には、、

いつも生協くまもとをご利用頂きまして、またこの度は声をお寄せ頂きましてありがとうございました。
少女像に関しましては水俣市の管理となっておりますので、当生協にて企画の実施などは計画いたしておりません。
ご期待に添えずに申し訳ありませんが、何卒ご理解いただけますよう
お願い申し上げます。

とありました。

さて、何が言いたいかと申しますと、、明確に少女像に管理者が表示されていなと言う愚問とも言える疑問が湧いた事です。

市役所側の管理に対する姿勢に疑問を禁じ得ないないのであります。

総括すれば、水光社さんは設置スペースを貸しただけで厳密には我関せずのスタンス。


総評すれば、、関係各位に置かれましては、誠に真剣味に欠ける企画だったように感じました。

この少女、ゆくゆくは本当にゆかりのある場所、本来設置してあって然るべき場所の所有者と協議して移設すると言う案も頭の片隅に置いていては如何ですか?

最終的には、少女像が地域活性化にと言われるなら、その結果をお示しする機会を設けても良いかも知れませんね。

何とか前向きに地域活性化に役立つように願うばかりです。



みなさん、初恋通りですを押してまずは動画をご覧くださいませ。

初恋通りの動画が見れます。





さて、こちらの写真をご覧くださいませ。

注意書です


拡大してみましたが、注目頂きたいのは、少女の像の台座の貼り紙です。


注意書です


この像(記念碑)は、水俣市、生協くまもと、初恋通り商店会が街の活性化の為に、新に製作したものです。
この3者の許可なく、この場所に無断で物を放置することは、迷惑行為とみなし硬く禁じます。

次の世代の為にも、キレイな街を維持できるよう、一人一人の行動が大切であると考えます。ご理解のほど宜しくお願い致します。

つまり、献花も許可がいる訳です。

さて、街の活性化、、、水俣市と言うことは、市役所は管理者の一員という訳ですかね。

なら、活性化している具体的な数値なりの物証は有るのでしょうか?

そこをぜひ、聞いてみたいですね。

このホームページは、検閲されています。

そんな気がしてなりませんね。

悲しいかな、、、

★うるさいハエは叩け!

★臭いものには蓋をしろ!

★現実は無視しろ!

★嘘で塗り固めてでも、体裁を繕え!

★マイナスな事は言うな!

★町のイメージダウンは、するな!

そう言われている気がしてなりませんね。


最初に見ていただいた動画、初恋通りでは、曲は皆無ではと言うくらい流れては居ませんね。

だいたい、街の活性化と言うなら、どれだけ市民を巻き込めましたか?

いざとなれば、平気で歌碑前に駐輪して傷を入れられる始末です。


まずは、人にどうこう言う前に、初恋通りが街の活性化に寄与しているかの検証を行うのが筋ではと思います。


必要なのは、誰かを犠牲にしたりするのではなく、問題点を探り、それに真摯に向き合い解決策を導き出すことにあると考えます。

触らぬ神に祟りなし的な考えなどはナンセンスです。

この一件に関しては、どうすれば初恋通りとしての体裁をなすのか、市民の皆さんに愛されるものになるのか、村下孝蔵さんの顕彰をするには何が必要かなどを目を背けずに考えていく必要があると私は思います。




さて、パート11を書くことになりました。


あれ?パート10は?と思われた皆様、、、

とある所から外圧と言っても過言ではない、削除依頼がありましたので消しました。


外圧、、、

その方は、水俣のイメージがマイナスになるような表現、書き込みは水俣webの駅には相応しく無い気がします。と理由を述べられました。

私は、やむ無く削除することにしました。


つまり、裏を返せば綺麗事を沢山書いてイメージUPに繋げて欲しいと言うことかもしれません。

私は、色々訴えましたが、とりなす私にはとりつく島も与えられず(泣)

私は、刀を鞘に納める代わりに、死人商売には決してならないように努力していただけるように上申しました。

きっと初恋通りは、良いものになると思います。

町の財産になると思います。

それを切に願って刀を鞘に納めました。

納めた、、、と言うことは?、、

また、抜くかも知れません。

しかし、それは、、顕彰していくとして作られた歌碑や少女像、故 村下孝蔵さんの扱いが雑になり、死人商売に傾倒した時でしょう。

決してそうならないように願っています。

おはようございます。

さて、没後二十年。 6月24日の御命日に際し~村下孝蔵さんを顕彰して居られるかなあ~と題して色々と綴って参りました。

その胸中は、、筆舌に尽くしがたいものがありました。

こんなこと書いて良いのか、イメージダウンやマイナス因子にならないかなど、かなり悩みましたし葛藤もありました。

私は、1999年6月24日の訃報で村下孝蔵さんを知りました。

それだけに思いは人一倍強かったのかもわかりません。

ですので初恋通りの設立案を聞いたときには、飛び上がるほどに嬉しかったですし、ポストの移設など、お手伝い出来ることは色々しましたし、西田弘志会長にも色々と提案しました。

また、ファンの方々が訪れて色々聴かれても多少は説明できるように会長名義で誤字脱字はありましたが、村下孝蔵さんの資料集を作製し水光社さんを始め、通りのお店に教材として配布しました。

それらからしてお分かりの通り決して私は初恋通りをおとしめたり、唾を吐き掛けるようなつもりで書いたのではありません。

初恋通りには、よい人達が沢山いることを忘れてはいけません。

水俣でのコンサートの楽屋話をしてくださるトムソーヤさん、水俣の生き字引ウエダ靴の師匠とおかみさん、子供たちに大人気ふれあいセンターの縁joyスマイルのお二人、イタリアンの匠37Mata食堂さん、和食の達人 味心松さん、笑顔が素敵なママ衣料さんなどなど、沢山いらっしゃいます。

皆さん、素敵な方々ばかりです。

そんな皆さんを悪く言うつもりはありません。

悪まで、初恋通りの設立の主旨と現状の乖離(かいり)を指摘したまででありまして、原点に立ち返えって心から顕彰を願うべく書いたのであります。

没後二十年。

初恋を冠にしたのですから、その名に添うような通りとなることを切に願っております。

この貼り紙は、至極、至極当然なのですが、、、

注意書です

注意書です

ならば、6月24日を2月28日を軽視せずに来られたと胸を張って言えますか?とこの文面を書かれた方に問いたいのですが、、、

万にひとつも死人商法なるものの類いでないことを心から願うばかりです。

と言うことは、、、つまり、、来週の月曜日が楽しみです(=`ェ´=)

何が楽しみかと言うと、顕彰すると言う意味の真の意味を問われます。

少女像


少女像

少女像

少女像

顕彰するとは実に大変であります。私は、身をもって知っています(大袈裟かも知れませんが(^_^;))。

私に財があれば、、もう少し充実出来たかも知れません(^_^;)

記念

しかし、なけなしの財では、限界が、、( ノД`)…

でも周りの温かい協力が助け船が有ったからこそ何とか駅改装まで続けられました。

記念

関係各位の皆様には足を向けて寝られません。

本当に心から感謝しています(^-^)

さて、6月24日、、貼り紙に連名の皆さんが村下孝蔵さんへの顕彰のアクションなど、何かしらの行動をされることを期待します。
   1  2  3  4  5  6  次へ 
(87件中 1-5件)