さて、水俣が何もしてこなかったかというと、、そうでもないのですが、、

PRのコマーシャル

子供偏

女子高校生偏

老夫婦偏


ポッドキャスト

水俣初恋ポッドキャスト


初恋通りの取り組み

初恋通りLINEスタンプ


さて、これらを見て村下孝蔵さんを連想する人はどれだけいるのでしょうか?

“好きだよって言おう、初恋のまち水俣”

CMの文言ですが、果たして浸透したでしょうか?

上記の取り組みから村下孝蔵さんを全く無知な方々でも連想することは出来るでしょうか?


私は皆無な気がします。

もし、これで顕彰していると言うのなら、、、それこそ、結果が伴っているかを検証するべきだと思います。

費用対効果が出ていたかは懐疑的です。

また、全国の皆様に村下孝蔵=水俣市と印象付け出来ているでしょうか?

初恋通りの知名度も気になる所です。

私は、村下孝蔵=水俣をダイレクトにPRする方が回りくどくなく浸透率も高かったのではと思いました。
コメント(0件)

 

■コメントを書く
タイトル
本文
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
削除パスワード
コメントを削除する際に必要になります。
認証キー 下の画像に表示されている数字を半角でご記入下さい。
(画像は毎回変わります)