水俣市とMIFAは、姉妹都市への中・高生の派遣や、小学生の国際交流事業など、様々な事業を通して、水俣の青少年の国際理解を深め、国際的な人材育成を図ります。より多くの子どもがこれらの事業に参加、協力できるよう、会費等の一部を基金に積み立てています。

(MIFAユース・ファンド活用実績)
2006年度(H18年度):姉妹都市(オーストラリア、タスマニア州デボンポート市)派遣(中学生10名)
2008年度(H20年度):カンボジア、スタディツアー(高校生2名)
2012年度(H24年度):姉妹都市(オーストラリア、タスマニア州デボンポート市)派遣(中学生4名)
2016年度(H28年度):姉妹都市(オーストラリア、タスマニア州デボンポート市)派遣(高校生6名)


交付要綱はこちら→ユース・ファンド交付要綱(PDF)