久し振りに筑豊地区の訪問です。今回は、福岡県福智町の福智山の山麓にあるあがの(上野)温泉白糸の滝に行ってきました。前面に山と裾野に広がる筑豊の町並みが最高な温泉です。内湯、露天風呂、レストランからも絶景が拝めます。
福智山の山麓のせいか、登山帰りの入湯客もいらっしゃいました。
神経痛、冷え性などに効能があるそう。
少々とろみのあるアルカリ泉です。

※サイトが見当たらなかったので、(公社)福岡県観光連盟「観光情報クロスロードふくおか」さんのページにリンクしています。

agano1

agano2

agano3
あいにくの天気でしたが、鹿児島県長島にある長島温泉センター「つばきの湯」に行ってきました。
久しぶりの訪問です。
長島の西岸にある元国民宿舎だったところ。現在は「癒しの湯 サンセット長島」です。

長島へは南回り自動車道が一部開通し、結構アクセスは良くなってます。
できれば、この先のフェリー乗り場から天草(牛深)まで足を伸ばしたいところ。

天草陶石の敷き詰められたお風呂は、古さは感じますが、清掃は行き届いています。
露天風呂から海を望め、天気さえよければ天草並みに風光明媚で、満足して入浴できるかなと。
風呂上がりには、不思議と魚が食べたくなり...
本館のレストランで頂けたのですが、気づかず結局、コンビニ弁当になってしまった。

泉質は、炭酸水素塩泉。ちょっぴり塩味で体に泡がつくタイプ。

ngs1
天気悪いです。
本館手前の右手に温泉センターの入口があります。

ngs2
温泉センターの入口です。

ngs3
男風呂の露天風呂。
もちろんオーシャンビューです。

ngs4
内湯はこんな感じ。

仕事ついでに奥球磨、湯前町のゆのまえ温泉 湯楽里に立ち寄りました。
人吉からさらに車で30分、湯前町を過ぎた山手の「ゆのまえグリーンパレス」にある温泉です。
熊本県と宮崎県との県境になります。
温泉施設のほか、ホテルやコテージ、キャンプ場、スポーツ施設などからなる家族連れにも嬉しいエリアです。

温泉は、何と言っても山の中なのに潮の湯なのです。
泉質は、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉で球磨エリアでもここだけの珍しい温泉です。
木立の中の露天風呂や、木のぬくもりのある内湯など、結構綺麗で味わい深い温泉です。
土曜日の昼間なのに、ほぼ貸切状態で過ごせました。

yurari1
露天風呂は鳥の声を聴きながらゆったりと入れます。

yurari2
内風呂も趣いっぱいです。

yurari4

yurari3


5/11、5/18と連続して七城温泉ドームに立ち寄りました。
ここは植木インターからすぐの、菊池平野の真っ只中。植木温泉の隣り。
お城の天守閣が目印です。
でも、和風和風したところはなく、大きなスーパー銭湯のよう。
料金330円で、お風呂の多く、広さも十分で、オススメです。
男女入れ替えがあるので、広い露天風呂に当たったらラッキーです。
食堂併設なので、風呂上がりも楽しめます。11:45から定食食べれます。
時間があれば、一日ゆっくりできそうです。

泉質はアルカリ性単純弱放射能温泉。ラドンかラジウムかは不明でした。

onsend1
お城が目印! 駐車場も広々。
onsend2
平日でもお客さん多し。
onsend3
お客さんが多く、お風呂の写真撮れませんでした。
お風呂の写真は、七城温泉ドームさんのサイトからお借りしてます。
桜の季節になると心が騒ぎ出し、
散り切る前にあの露天風呂に行かなくっちゃ。
鹿児島県吹上温泉の湖畔の宿 みどり荘

静けさに包ませた湖畔の宿。
森の中の露天風呂は最高!
桜がギリギリ残ってた。
桜の花びらが湯船に舞い...相変わらずのバリのリゾートっぽい。
今回も露天風呂も内湯も貸切状態でした。

泉質は、いおう(実は硫化水素)の匂いがする無色の硫黄泉。
自家源泉100%。若干とろみあり。
露天風呂は熱めです。

今回は、この露天風呂だけのために車で4時間かけて...結果は大満足。

midori
立派な門構え。桜がまだ残っている。

midori1
湖畔沿いの小道を歩くと、その一番奥に男性用露天風呂。
残念ながら桜の木は、男性用露天風呂だけです。

midori2
こちらは内湯。湖(沼?)が望めます。
   1  2  3  4  5  6  次へ 
(50件中 1-5件)