コロナウィルスの禍で気持ちの晴れない毎日ですが、園では一つ嬉しいことがありました。

主任保育士の山田弥生がこの度瑞宝単光章を受章いたしました。4月21日の閣議で決定し4月29日に新聞に発表がありましたのでご覧になった方もあるかもしれません。例年ですと県知事からの伝達式があり、5月13日には皇居で拝謁の式典があるのですが、今年はやはりコロナウィルスのために中止となりました。それは本当に残念ですが、それにしてもありがたい事です。42年にわたる保育士、主任保育士としての頑張りと、熊本県保育協議会の役員、水俣市保育園協会の役員、そして保護司としても長年務めたことなど、児童福祉における功績が認められたことと思い感無量です。

 本来ならばお祝いの宴をにぎやかに催したいところなのですが今の状況ではそれもかないません。そんな中で今日の昼休み、職員が特製のケーキと花かご、そして記念品を贈って「サプライズ」のお祝いをしてくれました。

 本人の頑張りももちろんですが、これも保育園があればこそ、本人も思いもよらない受章の栄とこれまで園を支えて下さった皆さまに改めて感謝を申し上げたいと申しております。

 園としましても大変栄誉な事です。園長からも重ねて感謝の意を表し、謹んでご報告申し上げます。

キーワード: さくらほいくえん
コメント(0件)

 

■コメントを書く
タイトル
本文
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
削除パスワード
コメントを削除する際に必要になります。
認証キー 下の画像に表示されている数字を半角でご記入下さい。
(画像は毎回変わります)