日本の最後の戦争が終わった75年前の日

暑い日だったと聞いています。

私は戦後生まれですから直接の体験はありません。子どもの頃は確かに昔話のように聞いていました。

でも、今思うと自分が生まれたのはわずか14年後、体験した人たちにとっては

ついこの間の出来事だったことは、この年になるとようく分かります。

20年前のことなんて本当についこの前のことです。

その5年後には朝鮮戦争もありました。日本もまた戦争をする日が来るのではないか、

きっと真剣に思っていたはずです。

二度と戦争をしてはいけない。いかに平和が貴重でありがたいことか。

この日を前後してマスコミでは戦争と平和についての報道、話題が流されます。

「日常の普通の生活がどんなにありがたい事か」

そういう声も良く聞かれます。

今、実は日本、そして世界はその状況に直面しているのではないでしょうか。

「日常の普通の生活は自分たちで守らなければならない」ことはわかっているはず。

脅かすのは「戦争」ばかりではありません。

今回のような「感染症」 「災害」 「政変」 も

日常の普通を脅かすものです。

「平和」とは「戦争ではない状態」とは限りません。

我々人間にとって「戦争」以外にも日常を奪っていくものがあるのです。

「平和」つまり「日常の普通の生活」を守る努力がいま私たちには迫られている、と思います。



           08.15雲景


元気に伸びた稲穂と真っ青な空、白い雲を見てそんなことを思った

8月15日です。

キーワード: みなまたさくら
コメント(0件)

 

■コメントを書く
タイトル
本文
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
削除パスワード
コメントを削除する際に必要になります。
認証キー 下の画像に表示されている数字を半角でご記入下さい。
(画像は毎回変わります)