7月の豪雨の爪痕はいろいろな所に残り、

直接被害を受けたわけでもない者の心の中にも

何となく晴れない気持ちが残っています。

8月はただ暑かった

という印象だけを残して過ぎ去ったような気がします。

そして9月に入った途端

2個の台風が続いて接近。

特に台風10号はその記憶にも新しい「水の恐怖」

に加えて「風の恐怖」もまとって近づいてきました。

園も金曜日の段階で市からの要請もあり

月曜日の休園を判断しましたが、

これは全く異例で初めてのことでした。

保護者の皆様にも理解していただけたと思っています。

予測された最悪の被害は何とか逃れられたと思いますが

次々と襲ってくる災害の危険は

これからの生活の中で常に考えておかなければならないこと

になってきました。

まるで「天敵はいない」かのように過信していた私たち。

自信過剰だったでしょう。

改めて謙虚になり

この地球に生かされている生物の一種であることを

認め、自覚して生きていかなければならないと思います。

コメント(0件)

 

■コメントを書く
タイトル
本文
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
削除パスワード
コメントを削除する際に必要になります。
認証キー 下の画像に表示されている数字を半角でご記入下さい。
(画像は毎回変わります)