子どもたちは大人になったら消えてしまうような

自由な、素晴らしい発想を持っていたり

それを私たち大人に見せてくれたりします。

大人顔負け、と思ったり

子ども大人関係なく「すごい」と思わせられたり。

まだ何年も生きていないのに

誰からも教えられてもいないのに

「すごい才能、天才かも」とも思ったり。

それが本来、人の持っている資質だとしたら

逆に不思議なのは

「大人になったら、何故消え去るのか」

消えずに残っている人がいわゆる

「芸術家」になるのか。

人が生物の一種であることは事実。

であれば、

子どもに自由な発想が備わっていることと

大人になるとほとんど消え去ってしまうこと

には必ず「わけ」理由があるはずです。

コメント(0件)

 

■コメントを書く
タイトル
本文
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
削除パスワード
コメントを削除する際に必要になります。
認証キー 下の画像に表示されている数字を半角でご記入下さい。
(画像は毎回変わります)