サッカーをかじったこともあり、大好きなので、日本代表の試合はいつも見ています。昨日のブラジルとの試合もテレビで見ました。前半のすぐに音声は消しましたが。(とにかく解説の質が低くうるさいだけ。副音声で場内の音だけというのをやってくれるとありがたいです。)というわけで自分の感覚だけで見ました。最近の日本代表の試合に感じていた『?』の答えが少し得られたような感じです。一つ、日本の選手は基本ができていない。ボール扱いの基本はある程度できてはいますが、ゲーム運びが未熟すぎるということ。サッカーのゲームをチームとして成立させ、勝利に少しでも近づくために自分が果たすべき役割、といったことの認識が信じられないほどおそまつ、というしかない。意識は芸術家気取りの中途半端にプライドだけが高いアマチュアで、全体の出来上がりの事は考えないで自分勝手なアドリブばかりやりたがる、そんな演奏家の集まった自己満足バンドといったところ。ブラジルの方は全員がしっかりとした技術と意識をもっているプロフェッショナルが集まり、オーケストラとして一つの曲を魅力的に演奏している。自分のソロパート以外の時は地道に役割をしっかりと果たしている。ソロパートが無いとしても自分の役割を誇りをもって全うしていく。それくらいの基本力の差を見せつけられた。そんなゲームでした。『芸術家気取り』の集まりではなく、『誇りを持った職人』の集団であって欲しい。
キーワード: 代表?
コメント(0件)

 

■コメントを書く
タイトル
本文
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
削除パスワード
コメントを削除する際に必要になります。
認証キー 下の画像に表示されている数字を半角でご記入下さい。
(画像は毎回変わります)